19話・和室・露天風呂・キスマーク

MENU

保護者失格。一線を越えた夜

叔父に恋した姪との純愛ストーリー

今すぐスマホで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

19話・和室・露天風呂・キスマークのネタバレ

旅館の外を散歩していた時に夕立に会ってずぶ濡れになってしまった2人。そこで部屋の外にある露天風呂に入って体を温める事にしたのだった。2人で一緒に風呂に入るので照れてしまうちづる。

 

先に叔父が湯船につかり、ちづるが入ろうとするとまじまじと眺めてしまい、恥ずかしいと言われてしまう。互いに湯船につかって気持ちよくなっている時に、叔父が「こっちに来ないの?」と声を掛ける。

 

そしてちづるは叔父に近づいて、前に座って体を密着させたのだ。そこでちづるは叔父に「ぎゅっとしてもいい?」と言って叔父に抱き付いたのだった。そんな姿を見て甘えたいのかな?と思う叔父だった。

 

その時に叔父が「ぎゅっとするだけでいいの?」と聞くと、ちづるとキスをし始めていく。濃厚なキスをして舌を絡ませていきはじめる2人。そこでちづるは叔父の首元にキスマークを付けたいと言い始める。

 

どこでそんな事を覚えたのかを聞くと、雑誌で覚えたと言うちづる。そこで叔父がちづるにキスマークの付け方を教えようとちづるの胸を吸いだしてキスマークを付けていく。そして叔父の指がちづるの割れ目を刺激していく!

 

湯船の中で叔父の指で掻き回されて気持ちよくなってイカされてしまったちづる。そして風呂から上がると夕食の支度がしてあったのだ。もしかしたら仲居さんにエッチの声を聞かれたかもと照れる2人であった・・・。

続きはここで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

19話のレビュー

19話では、前回のラストでずぶ濡れになってしまった2人が部屋の露天風呂で絡み合っていく姿を描いています。湯船の中で2人だけの甘い時間を過ごしていくというストーリーです!

 

先に叔父が湯船につかっていると、準備を終えたちづるが入って来るんですが、相変わらずの緊張ぶりのちづる。もう何度も裸を見合っているのにまだ照れるところが可愛いですいよね。

 

そして叔父に密着していくちづる。コレも恋人同士で一緒に温泉にはいるからこその楽しみですね。自宅の風呂じゃなくて旅先の旅館の風呂だと言うのがポイントですよね。非日常での出来事がいいんですよね。

 

そこでちづるが急に叔父の首元にキスマークを付けたくなっていくんですね。ちょっと大胆なちづるだけど全く上手くいかないんですよね。雑誌でキスマークの事を覚えたと言って大人ぶる姿もGOOD。

 

立って20歳の女の子なら、そういった事もしたくなりますよね。しかも恋愛が一番楽しいし、そういった大人の行為もしてみたくなるんでしょう。そういった姿を見てまた叔父は楽しくなっていくわけです。

 

そして湯船の中でまた叔父の指技が炸裂し、ちづるはまたイカされてしまうんですね。こうして露天風呂から上がって部屋の中では仲居さんが夕食の準備を済ませていたわけです。ちょっと恥ずかしがる2人がとってもいい光景です♪

ちづると幸久の幸せな毎日が始まる

2人が家族から男女の恋人関係に

無料立ち読みはココから

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

関連ページ

11話・車内で火照る身体|ネタバレ&レビュー
墓参りで両親に交際を報告する2人。そして自宅へ帰ってから体を重ね合わせていく・・・。
12話・挿れるよ?|ネタバレ&レビュー
ちづると叔父の初めてのエッチ。自宅のベッドの上で体を重ね合っていく・・・。
13話・身体を繋げた翌朝|ネタバレ&レビュー
初めて体を重ね合わせた2人の翌朝、今度は風呂場でのエッチをしていくのであった・・・。
14話・ちづるが小学生の時のおはなし|ネタバレ&レビュー
今回はちづると叔父の生活開始の頃のストーリー。しかも叔父の名前と交際していた女性の存在が発覚する・・・。
15話・叔父さんのシャツの匂い|ネタバレ&レビュー
叔父と別々の夜を過ごす事になったちづる。淋しさにこらえきれずに叔父の部屋へといくのだった・・・。
16話・ひとりでしてたの?|ネタバレ&レビュー
オナニーしながら眠ってしまったちづる。叔父にその姿を見られてしまう・・・。
17話・お仕置き|ネタバレ&レビュー
ちづるにお仕置きのエッチをしていく叔父。バックで激しく突き立てていく・・・。
18話・ふたりきりの温泉旅行|ネタバレ&レビュー
叔父とちづるの恋人としての温泉旅行開始。ここでは堂々と過ごせるのであった・・・。
20話・アルコールでアツくなる身体|ネタバレ&レビュー
今度は食事で久しぶりに酒を飲むちづる。そしてほろ酔いのまま飲み物を買いに行くのだが・・・。