28話・「ごめん」の理由

MENU

保護者失格。一線を越えた夜

叔父に恋した姪との純愛ストーリー

今すぐスマホで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

28話・「ごめん」の理由のネタバレ

中学時代に千代子が叔父の事を好きだと言われ、反対し始めたちづる。だが千代子からは叔父とちづるは結婚できないんだからね!と言われた所で目が覚めて、懐かしい夢を見たのであった。

 

その時の事を思いだし、その時が初めて千代子と喧嘩したのであった。ちょうどその時に叔父が帰宅したのであった。そして今の時間を尋ねると夜の8時になっていたのである。

 

そして叔父は仕事帰りにプリンを買ってきたからと渡して美味しそうに食べるちづる。だがその時に、ちづるは遂に叔父にあの旅行の時に「ごめん」と言ったのかをたずねたのであった。

 

不意にその事を聞かれた叔父は、誤魔化すように早く寝なさいと言うが、ちづるはちゃんと話してくれないと嫌だと泣きながら、あの時から態度がおかしいと言い、冷静にしようとしても出来なかったのだ。

 

叔父に自分の事が嫌いになったのと不安そうに聞くが、叔父はちづるが悪い事をしたわけでも、嫌いになったわけでも無いと言い、自分の覚悟が足りなかったと言うのだ。そして指輪を本当は買ってあげたかったと言ったのだ。

 

そして普通の女の子が感じる幸せを感じさせてあげられないのを謝ったのだった。そしてちづるが自分以外の男を好きになった時でも自分を納得させたいようであった。だがちづるは叔父と一緒に居る事が幸せだと告げたのだった・・・。

続きはここで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

28話のレビュー

28話では、遂にあの旅行の時に叔父が言った「ごめん」の意味が判明します。そして叔父のちづるへの気持ちがもの凄く伝わってくるほどのストーリーになっています。そして壁が消えていく事になります。

 

最初は前回の続きで、夢の中で千代子との中学時代に叔父の事を巡って初めて喧嘩した事を思い出していたんですね。本気で叔父の事が好きだと言う千代子に渡したくないあまりに好きになっちゃダメと突っぱねるちづる。

 

だけど千代子から、ちづると叔父は結婚できないんだからと言われて目が覚めるんです。この夢も恐らく、千代子が結婚するという話を聞いたからではないかと思います。結構関連する夢って見たりしますよね!

 

そして懐かしい夢から覚めると叔父が帰宅したわけです。そしてデザートにプリンを買ってきてくれたんですね。そしてちづるはプリンを食べた後に、遂に叔父への「ごめん」の意味を問いただす事にするんです。

 

今まで聞きたくても聞けずに、旅行が終わってから叔父との間に出来た壁をなくそうとするんですね。そして叔父の口からあの時の言葉の意味が語られ始めていくわけです。そこには叔父の苦悩が隠されていたんです!!

 

それは叔父がちづるの事を失ってしまうのが怖くて、自分に覚悟が足りなかったわけです。そして指輪を買ってあげられなかった事を謝るんです。だけどちづるは叔父と一緒に居れる事が幸せだと言って遂に2人の壁が無くなります♪

ちづると幸久の幸せな毎日が始まる

2人が家族から男女の恋人関係に

無料立ち読みはココから

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

関連ページ

21話・乱された浴衣|ネタバレ&レビュー
若者に絡まれるちづるに叔父の嫉妬が炸裂。ちづるの割れ目をゆっくりと攻めていく・・・・。
22話・舐め合いだけじゃ足りなくて|ネタバレ&レビュー
2人きりの時間の中で、叔父とちづるが激しく絡み合っていく・・・。
23話・寝起き姿にそそられて|ネタバレ&レビュー
寝ているちづるを見て欲情した叔父。そしてそのまままた体を求めていく・・・。
24話・指輪の意味|ネタバレ&レビュー
旅行の思い出を手に入れたちづる。だが叔父との夢のような時間が終わっていくのであった・・・。
25話・親友にも言えない好きな人|ネタバレ&レビュー
親友の千代子と再会するちずる。だが一方で、叔父との距離を感じ始めたちづるであった・・・。
26話・消えたキスマーク|ネタバレ&レビュー
千代子の結婚相談にアドバイスする事にしたちづる。だが自分と叔父の事は相談できないのであった・・・。
27話・2人の間に出来た溝|ネタバレ&レビュー
前日の夜に、ちづるは熱を出して倒れてしまったのだ。そして叔父から介抱されるが・・・。
29話・熱の名残り|ネタバレ&レビュー
叔父に自分からしてほしいと頼んだちづる。そして叔父の指がアソコに絡みついていく・・・。
30話・ベッドの上で待って|ネタバレ&レビュー
幸久と一週間もエッチが出来ないちづる。そこでセクシーな下着を購入する事に・・・・。