29話・熱の名残り

MENU

保護者失格。一線を越えた夜

叔父に恋した姪との純愛ストーリー

今すぐスマホで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

29話・熱の名残りのネタバレ

遂に叔父の本当の気持ちを聞くことが出来て、自分の叔父への想いを全てぶつける事ができたちづる。そして叔父にキスをして仲直りと言うが、自分が風邪を引いているのを思い出して、気を遣うのだった。

 

だが叔父はそんなのは気にせずにちづるにキスをしたのであった。嬉しくなったちづるは叔父に抱き付き、叔父に小さな声で「しちゃダメ?」と恥ずかしそうに聞くのだった。だが叔父は体に触るからと言うのであった。

 

それでも叔父と一つになりたいちづるは大丈夫だからと言い、そこで叔父は辛くなったら言うんだよ?と言ってからキスをしてちづるが緊張しているのを感じて尋ねてみると、最近していないからと言ったのだ。

 

叔父は乳首を抓みながらちづるが嫌な事はしないよと言ってゆっくりと股間を指でなぞり始めていくのであった。ちづるは興奮してきて顔が紅潮して甘い吐息と喘ぎ声をあげはじめていくのであった。

 

ちづるはどんどん気持ちよくなってきて、服の上からではなく直接触ってほしいと言うと、叔父は何言ってるのか分かってるのかな?と思いつつもちづるの割れ目を直接指で弄り始めていく事にしたのである。

 

何度も弄られて気持ちよくなっていくちづる。叔父との問題が解決したわけでも全部納得したわけでもないと思ったが、互いの気持ちを知る事が出来て良かったと安心した途端に眠ってしまうのであった・・・・。

続きはここで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

29話のネタバレ

29話では叔父との本音を遂に言い合えた事で、互いの気持ちに対しての理解が出来たと安心したちづる。叔父が自分への想いをちゃんと持っているという事がわかり、ちづるは一安心します。

 

旅行が終わってからずっと感じていいた叔父との壁がやっと無くなって、自分の想いを全て打ち明けて、叔父が自分の事を大事にしている事も分かったので嬉しくなったちづるは久々に叔父を欲しがることに。

 

まだ風邪が治っていないちづるの体を気遣う叔父だけど、ちづるは旅行以来の叔父との心と体の距離を埋めようとして一つになりたいと思っちゃうわけです。たしかに壁がなくなったから想いをぶつけたくなりますよね。

 

ちづるは叔父の本音を聞くまで、叔父が自分の事を嫌いになったり、自分が叔父に何か悪い事でもしたのかとずっと気になっていたんですね。それが単なる思いすごしだと分かってほっとするんですよね。

 

そして久々に叔父と体を一つにしたいと自分から求めていくという今までにない大胆さをみせちゃいます。驚く叔父だけど、ちづるの本気な気持ちを受けて絡み合っていきはじめるんですね。そしてまた指技が炸裂します(笑)。

 

ちづるは叔父の指でアソコを弄られながらも、全てが解決したわけでもないけれど互いの本音を言い合う事が出来た事で一歩進めたのを実感します。でも絡み合う最中にそのまま寝ちゃうんですね。次の30話では重大な決断をちづるがすることになりますよ!!

ちづると幸久の幸せな毎日が始まる

2人が家族から男女の恋人関係に

無料立ち読みはココから

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

関連ページ

21話・乱された浴衣|ネタバレ&レビュー
若者に絡まれるちづるに叔父の嫉妬が炸裂。ちづるの割れ目をゆっくりと攻めていく・・・・。
22話・舐め合いだけじゃ足りなくて|ネタバレ&レビュー
2人きりの時間の中で、叔父とちづるが激しく絡み合っていく・・・。
23話・寝起き姿にそそられて|ネタバレ&レビュー
寝ているちづるを見て欲情した叔父。そしてそのまままた体を求めていく・・・。
24話・指輪の意味|ネタバレ&レビュー
旅行の思い出を手に入れたちづる。だが叔父との夢のような時間が終わっていくのであった・・・。
25話・親友にも言えない好きな人|ネタバレ&レビュー
親友の千代子と再会するちずる。だが一方で、叔父との距離を感じ始めたちづるであった・・・。
26話・消えたキスマーク|ネタバレ&レビュー
千代子の結婚相談にアドバイスする事にしたちづる。だが自分と叔父の事は相談できないのであった・・・。
27話・2人の間に出来た溝|ネタバレ&レビュー
前日の夜に、ちづるは熱を出して倒れてしまったのだ。そして叔父から介抱されるが・・・。
28話・「ごめん」の理由|ネタバレ&レビュー
叔父の本音を遂に聞き出せたちづる。そしてごめんの意味を聞くのであった・・・・。
30話・ベッドの上で待って|ネタバレ&レビュー
幸久と一週間もエッチが出来ないちづる。そこでセクシーな下着を購入する事に・・・・。