保護者失格の各話ネタバレ41〜50話

MENU

保護者失格。一線を越えた夜

叔父に恋した姪との純愛ストーリー

今すぐスマホで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

ちづると幸久の幸せな毎日が始まる

2人が家族から男女の恋人関係に

無料立ち読みはココから

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

保護者失格の各話ネタバレ41〜50話記事一覧

 

寝室のベッドの上で絡み合っていく幸久とちづる。だけど実は内緒でアルバイトをしていたちづるへの罰なのであった。わざと乳首を刺激せずに、焦らしながら自分から触ってほしいと言わせるようにしていたのだった。乳首を触る幸久は、真っ赤になった乳首を抓みながらちょっと意地悪そうなことを言い、さらに刺激していく。だがちづるはアソコを触って欲しいと思っていたのだが、自分からは言えずに幸久から触ってほしい所に手を当て...

 
 

ちづるはアルバイトを初めて、遂に初給料が振り込まれており幸久へのプレゼントを買いに行くのであった。だがプレゼントを買いに来たものの、どれすしようかと迷いながら色んな店を回ってみようと思った時にある物を発見する。帰宅して夕食を済ませていつも見ている番組も録画して部屋に戻ろうとすると幸久は最近早く寝るちずるに何かあったのかと思ってしまう。だがちづるは何かをしているようで、毎日が過ぎていく事にあるが、幸...

 
 

幸久の誕生日を祝ってプレゼントも渡してアルバイトの事も解決したちづる。そこで幸久は風呂に入ろうとするのだが、ちづるは幸久に抱きついて「一緒に…入ろ?」とさそうのであった。ちづるのまさかの大胆な発言に驚く幸久。だが喜びながら「一緒に行こうか」と風呂場に行くのだった。2人で風呂に入り、幸久はちづるに背中を流してもらうのは子供の時以来で数年ぶりのようだ。せっかくいい雰囲気になって入ってるのに色気の無い話...