42話・特別な日…だから

MENU

保護者失格。一線を越えた夜

叔父に恋した姪との純愛ストーリー

今すぐスマホで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

42話ネタバレ・特別な日…だから

ちづるはアルバイトを初めて、遂に初給料が振り込まれており幸久へのプレゼントを買いに行くのであった。

 

だがプレゼントを買いに来たものの、どれすしようかと迷いながら色んな店を回ってみようと思った時にある物を発見する。

 

帰宅して夕食を済ませていつも見ている番組も録画して部屋に戻ろうとすると幸久は最近早く寝るちずるに何かあったのかと思ってしまう。

 

だがちづるは何かをしているようで、毎日が過ぎていく事にあるが、幸久の誕生日が徐々に近づいてくる。

 

アルバイトをこなしながら勉強もして、帰宅すると何かを部屋でしているちづる。そして誕生日の前日の9月15日、遂に何かが出来たのである!

 

いよいよ幸久の誕生日の16日になり、帰宅した幸久を出迎えるちづる。何故かご機嫌なちづるに着替えてくるように言われてリビングに来ると豪華な夕食が待っていた。

 

そしてちづるから「叔父さん、誕生日おめでとう」と言われて自分の誕生日が今日だという事をすっかり忘れていた幸久。

 

こうして2人で食事をした後には誕生日ケーキを食べて、ちづるは昨日まで必死に作っていたプレゼントを幸久に渡す。

 

中身を空けようとした時に、ちづるはネクタイを買おうと思ったけどやっぱり自分で何か作りたいと思って特別な日だからと言うと、ちづるがアルバイトを始めた理由が分かった幸久。

 

結局たいしたものじゃないけどと言うちづるに、そんな事はないよと嬉しそうな幸久。今までで一番うれしい誕生日だと言のであった。

 

そこでアルバイトの事をちづるに聞くと、期限はもう終わるけどあと少しやってほしいと言われていると言うと、幸久は「やってみたらいいんじゃないか?」とちづるに勧める。

 

勉強と両立できるならいいよという事で、このままアルバイトも続けれる事になったちづる。

 

こうして風呂に入ろうとする幸久に「叔父さん」と言って迫っていくのだった…。

続きはここで読めるよ

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

42話のレビュー

遂に幸久の誕生日のストーリーがやってきましたね。この日の為にアルバイトをしようと決意したちづるはプレゼントを買いに来たんだけど迷っちゃうんですよね。

 

そして結局決めきれずに、手作りのプレゼントを作る事にしたんです。どうやら手編みのマフラーっぽいです。

 

16日までに完成させようとして、バイトから帰宅しては部屋で寝る前までに毎日マフラーを編んでいたみたいですね。

 

本を買ってきて作っているので、恐らく初めてなんでしょうね。しかも恋人になってから初めてのプレゼントだから気合も入っちゃいます!

 

こうして何とか前日までに完成して無事に16日を迎えられるようになったわけです。帰宅した幸久を玄関まで出迎えるちづるは嬉しそうです。

 

去年までは叔父と姪だけの関係だったのが、今年は恋人としての誕生日を迎えるので特別な思い入れがあるのが良く分かります。

 

やっぱ大切な人と過ごす誕生日は思い出にしたいですからね。こうして食事をしてケーキを食べて、遂にプレゼントを渡す事に。

 

そして幸久はちづるがアルバイトを初めた理由も理解して、このまま続けていいよと言ってくれるんですが、これが幸久の優しさですね。

 

こうして2人の特別な時間が過ぎていき、風呂に入ろうとした幸久に声を掛けるちづる。どうやた43話では2人の入浴が見れそうですね♪

ちづると幸久の幸せな毎日が始まる

2人が家族から男女の恋人関係に

無料立ち読みはココから

↓ ↓ ↓ ↓

保護者失格、一線を越えた夜。

保護者失格

関連ページ

41話・ふたりだけの花火大会|ネタバレ&レビュー
幸久からエッチな罰を受けてきもちよくなっていくちづる。そして翌日には2人だけで花火をして楽しんでいく事に…。
43話・お風呂を一緒に|ネタバレ&レビュー
幸久と一緒に風呂に入ってエッチなご奉仕をするちづる。そして2人は気持ちを確かめ合うように体を重ねていく事に…。